Save Rainforest for FREE - EcologyFund.com

2005年11月19日

リアル

リアル第5巻発売っ!

real.jpgリアル(5)

今回も面白かった〜
表紙もかっこいい。一番好きかも。
こんな姿じゃ学校に戻れない…って気持ちはわかるよ。
ん〜。

すぐ読み終えちゃうから、次が早く読みたくなる。
でも発売が1年に1回だから、めちゃくちゃ次までが長い!!
不定期連載で、バガボンドとの並行だから仕方ないんだが・・・
いつの間にか1年は経ってるものだけど、やっぱり長いよねぇ。

来年もまたここで6巻のこと書けれたらいいですけどね。

それまでやってんのかいな!
このブログ!


…ハイ。ということで来年また会いましょう。さようなら。
posted by DHS at 15:21| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

NANA

今話題のNANA。
僕はこのマンガの存在は、数年前のCDで〜たで知りました。と、いうのもラルクのtetsuが連載をしていて、そこでtetsuが大好きな漫画として紹介。後日、作者から自分とナナの絵を貰った…というものでした。

で、最近の映画化により興味を持って妹に友達から借りてくるよう頼んだんですよ。
本当は買ってもよかったんだけど、いかにも少女漫画チックなカバーがどうも…。
今4巻まで読みました。
これ面白いですね!何気にハマってます。
出てくるキャラの存在感や、雰囲気が好き。ディティールも細かいので、楽器なんかもきれいに描かれてるのも◎。
実写のナナとハチも本当にイメージぴったり。読んだあとに見たらぴったりすぎてちょっと驚ろきましたよ。えぇ。
新装版がでたら買いそろえちゃいそうだなー。
posted by DHS at 18:11| 石川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

嫌韓を読む

amazonの書籍ランキングで常にトップ、または上位にいるこの本を知っていますか?

iyakan.jpg

最初はこの本の内容をよく知らなかったので「なんでこれがいつもトップに?」と不思議に思ってました。それで、色々調べたら納得。
韓国という国のおかしなところをマンガによって指摘しています。
マンガなのでとっつきやすいので、いいですね。

内容については、僕が書いてもあんまり意味がないのでココや他のサイト、そして実際に読んでみてほしいと思います。韓国という国に対しての「?」、日本のマスコミに対しての「?」がでてきました。
どうして日本の一部マスコミは韓国の良い面だけを報道しつづけるんでしょう。そして、日本の文化が韓国に奪われる可能性(進行形でもある)も読んでいて怖くなりました。
実像とは違う韓流ブームに踊らされている今の日本人に、ひとりでも多く読んでほしいなぁ。
知らないより、知っていたほうがいいですもんね。
これによって韓国や日本を知り、友好な関係を作りあげたいものです…。

ちなみに読み方は「けんかんりゅう」です。
posted by DHS at 19:49| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

フライ,ダディ,フライ

あんまり映画化とかになって、話題になってから読むのってあんまり好きじゃないんですよ。それもまったく理由もなく、ただ意味のない反抗…というか。
見当違いの軽い敗北感を感じるんですよねぇ。天邪鬼なんでしょうね。


フライ,ダディ,フライ』を読みました。
映画化され、岡田准一さんと堤真一さんが出演しているアレの原作ですね。
まだ映画自体観てないんですけど、先に本を読むことに。

これ面白いですね。
岡田さんが「通行人でもいいから出してほしい!」と猛プッシュしたってのもわかる気がします。で、結果的に主演(?)になったという。まぁ脇役じゃ使えんわな。
岡田さんはカッコいいので好きです。

平凡で冴えないサラリーマンのおっさんが、娘を暴行したボクシングIHチャンピオン高校生に復讐するために、高校生で在日朝鮮人で強いスンシンに鍛えてもらう…という一見重くなりすぎがちなテーマなのに、さわやかに描かれていて夢中になって読めました。また登場人物がみんな個性的で魅力的なんですよ。スンシンの友達の高校生たちがまた和めます。
意外と話が短かったので、すぐ読めました。

まぁ今さら…的な話題ですが、面白かったのでね。
みなさんも機会があれば、是非。
posted by DHS at 12:01| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

ファインデイズ

ちょっと面白い小説を買いました。

FINE DAYS』本多 孝好(著)です。
知ってる方も多いと思います。

カバーの雰囲気と手触りがいい感じだったので買ってみると…すごいよかった。

4本の短編から成っている恋愛小説、ですが、そんな純愛だとか世間一般的なラブストーリーじゃないです。神秘的で、読んだ後に「よかった」とフッと思えるような本です。
基本的に「死」が軸となっているようですね。
ミステリーのようでもあります。
全部現実のようであって、まるで夢の中の話のようでもあったりします。
そして、非常に言い回しがキレイで引き込まれれる!

その中の「イエスタデイズ」読んでたら頭の中でB'zの『FRIENDS』がバーッと流れてきました。
まぁとにかく面白かったです。
興味があれば読んでみてください。
posted by DHS at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。